青じその健康効果

いろいろな料理の薬味として活躍している食材に青じそがあります。食材というよりはハーブと言ってもいいかもしれません。ハーブは香りのある効用の高い植物の総称なので、薬草と香草の2つに分類することができます。
青じそは料理の主役にはなれませんが大切な栄養素を多く含んでいます。例えばベータカロテンです。この栄養素は老化防止には欠かせない成分で、体内ではビタミンAとして活躍をします。
ビタミンAは胃腸の粘膜を強化して免疫力アップに効果のあるビタミンです。胃腸に異変が生じる原因には、暴飲暴食や喫煙、過度の飲酒などがありますが、ストレスによっても大きな影響を受けてしまいます。予防するには青汁を飲む習慣をつけておくと安心です。
また、疲労や不眠も体調に影響します。口内炎はひとつのサインと考えるとよいでしょう。口内炎ができてしまう原因にはビタミンB1、B2の不足が考えられます。青じそにはこれらのビタミンも豊富に含まれていますので、食事などで積極的に取り入れると改善の効果があります。
さらに、アレルギーの改善に青じその抗アレルギー効果が有効と言われています。その他、鉄分、食物繊維、カリウムなども成分として含まれています。
しかし、青じそに優秀な栄養素が含まれていても毎日多くの枚数を食事などで食べることは大変です。また、コストもかかってしまい不経済です。青じそを原料に使用している青汁なら、成分が凝縮されていいますのでコップ1杯飲むだけで必要な栄養素を楽に摂取することができます。
こちらもおすすめ>>>葉酸サプリ お勧め<<<

手汗の原因は何か

手汗の原因は何か

 

非常に残念なことですが、手汗の原因は現状では解明されていません。
しかし、手汗にはさまざまな要因が絡み合って発症するということはわかっています。
まずは、交感神経が高まると、手の発汗量が多くなるということです。
人間の身体は交感神経と副交感神経といった自律神経がバランスよく作用することで機能しています。
交感神経は人間が活動している時に活発に働く神経で、体の新陳代謝を促進し、発汗を促しています。
副交感神経は逆に、身体をリラックスさせる働きがあります。
本来ならば、人間が活動している時に交感神経の働きが活発になり、就寝時など、じっとしている時に副交感神経の働きが活発になります。
しかし、手汗を発症している方の場合、交感神経が常に優位になっています。
次に、ストレスや緊張が原因になっているということです。
自律神経というものは、些細なストレスや緊張によっても刺激を受け、それにより、手汗を発症するのではないかとも言われます。
人間の身体は、ストレスや緊張を感じると、身体を動かしていなくとも汗をかきます。
この状態が酷くなると、手汗を発症すると考えらます。
いずれにしても、自律神経の働きが原因で手汗が起こるのではないかということが理解できたと思います。
汗の問題はデリケートで人には言いずらいのですが、適切な治療をすることで、解消することも可能ですので、一人で悩んだりせずにおかしいとおもったら医師の診察を受けるようにしてください。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る